Silver Wings Diary

詩や詞、音楽、写真や日記、日々の想いから能書き等々…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

I'm calling you...

Silver Wings


 「Calling you.」

 Jevetta Steele が歌う、俺の大好きな映画「Bagdad Cafe」の挿入歌となっていた曲だ。初めて聴いたのは、まさにこの映画を観たときのこと。・・そう言えばこの映画については、以前にも記事を書いた事がある。《以前の記事》 当時、名前も顔も曲名すら知らなかったが、画面に映された青い空と赤い荒野の映像とともに体のなかにスーッと入り込んできたのを覚えている。

 実は、少し前に携帯を変えた。今の携帯は音楽プレーヤーが標準で装備されている。・・って、今頃こんな事言ってたら時代について行ってないみたいだな。・・まあいい。そういう機能はいち早く使いたがる俺だから、早速お気に入りの音楽を取り込んだ。あれやこれやと放り込んでいたら、すぐ一杯になった。「しまった。メモリカード、もっとデカイのにしとけば良かった。」・・・後悔先に立たず。こうなる事は買う前から分かっていたろうに・・・。

 今朝、いつものように慌しく家を出た。いつもの道、いつもの電車。・・そして、いつものように音楽を聴く。悲しいかないつも同じ、これといって変化のない通勤風景だ。その中で少しでも気分を変えようとプレーヤの再生モードをランダムに設定している。そうすれば、耳から聴こえる音楽だけは日々、時間と共に変化する。

 今の現場へ行くには、京都駅で乗換えて山陰線に乗る。この山陰線、俺が乗る時間帯には人も少なく、所どころ空いている座席すらある。窓際に座って約3分。ちょうど電車が走り始めたそのタイミングで、「Calling you」が始まった。

 ちなみに、この曲を知らないという人のために、ここで少しだけプロモーションビデオを見ることができる。

 今朝の京都は、朝日を遮るように薄雲がかかって何処となく気だるい、セピアチックな空。窓の外を流れる景色も薄雲に照らされて、メリハリのない色彩。目に映る景色と音楽が溶け合う感覚に少し感動した。この感覚は久々。ふと車内に目をやると、出勤途中の人たちの顔。笑顔もなく、皆それぞれに孤立していて、渇いていて、それぞれに時間が止まっているようにすら見える。目を閉じて睡眠をとる人、読書をする人、広告をじっと見つめている人、窓の外をボーっと眺めている人、音楽を聴きながら床の一点を見つめている人・・・・。いつもは何気なく目に映っているこんな景色が、今日はまるで映画のワンシーンのように見えた。そして音楽の裏で聴こえる電車の単調なリズム・・・。曲の持つ渇いた雰囲気・気だるさとシーンが一致した瞬間・・・。

 この曲の持つ雰囲気は気だるさだけではない。それは映画「Bagdad Cafe」の心温まるシーンでも使われているように優しさと温かみ溢れる雰囲気もあわせ持っている。特に間奏でブルースハープが音を奏でだすあたりから曲が急に潤いを帯びる。すると、それまで見ていた景色や乗客までもが温かみを帯びて見え始めた。尾崎豊の「17歳の地図」にこんなフレーズがある。

 列車の中
 押し合う人の背中に
 いくつもの
 ドラマを感じて

 17歳からすれば2倍以上年をくっている俺だが、まさにこういう思いを感じた。みんな何かのためにがんばってる。一見無表情に見える乗客たちの背中に、文字通りドラマを感じたのだった。もちろん、歌詞の内容とは合っていないけどね。

 「曲に乗せられすぎだよ。」

 そう思うかもしれない。でも音楽とは本来そういうものではないかなと思う。聴き手の心に溶け込む音楽。演奏側から言えば、惹きつけるテクニックと言うべきものか・・? 言い方を変えればいくらテクニックを振りかざそうとも、それが聴く側の心に響かなければ自己満足に過ぎないという事。心震わせ、魂を揺さぶる音楽。ジャンルは何であれ、そういう音楽こそが自分にとってのいい音楽。これが聴き手側の一般的なところではないかな。俺も演奏側の人間のひとりとして、その為に必要なテクニックと表現する大いなる心を持ちたいものだ。

 ・・・と、未だどちらも持ち合わせない俺は思う。





平成18年10月15日(日)
Silver Wings主催イベントライブ開催 @ Modern Times
銀 翼 祭 ~ 空 へ 向 か っ て ~
OPEN/17:30  START/18:00  1500円+1drink(500円)
出演者(バンド):Fhullys/ちかまつ はるみ/Jun/まぁま/Silver Wings



 
ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加しています→


Silver Wings Web Site 
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記



  1. 2006/09/27(水)|
  2. その他雑話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Silver Wings | ホーム | 褐色の恋人(言葉あそび)>>

コメント



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://silverwingsdiary.blog44.fc2.com/tb.php/133-9b491afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ALL TITLES

全ての記事を表示

Counter

ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数

Profile

Jun@SilverWings

Author:Jun@SilverWings
京都祇園Live Cafe&Bar
SILVER WINGS

の店長をしています。

空が好きです。ブログパーツ

NEW Entry & Comments

Twitter

 

Calender

09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Gremz

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

Sponsor Link

Category

Mail to Jun

メールフォームへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR code

Silver Wings Diary を携帯で!

QRコード

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Links

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。