Silver Wings Diary

詩や詞、音楽、写真や日記、日々の想いから能書き等々…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

空高く

 空高く


懐かしいメロディ午前9時のラジオ
広がる記憶、遠ざかっていた思い出

足早に過ぎてきたこの時の流れを
静かに少し振り返ってみる


雨降る日にも晴れ渡る日にでも
草青む道をよく二人歩いたね
      
あの頃心に溢れてた想いを
深く、今深くかみしめる


ありふれた日々
ありふれた時間(とき)
当たり前に思ってた君の優しさ
ありふれた夢
ありふれた言葉
なぜだろう?
今になって涙した


この空のはて、どこか遠い場所から
君の声がこの胸に響きつづける

確かに感じた温もりのかけらを
高く、空高く解き放つ


ありふれた朝
ありふれた夜
今を思うだけで満たされたあの頃
ありふれた部屋
ありふれた微笑み
なぜだろう?
今心が震えた


君がいないことに意味を探しても
自分を責める言葉しか浮かばない
今、君の目に僕が見えるだろうか


ありふれた日々
ありふれた時間(とき)
当たり前に思ってた君の優しさ
ありふれた夢
ありふれた言葉
なぜだろう?
今になって涙した

ありふれた朝
ありふれた夜
今を思うだけで満たされたあの頃
ありふれた部屋
ありふれた微笑み
なぜだろう?
今心が震えた


この空のはて、どこか遠い場所から
君の声がこの胸に響きつづける

確かに感じた温もりのかけらを
高く、空高く解き放つ





 一昨年の末頃だったか・・それとも去年の頭頃だったか・・。
今となってはどうやってたどり着いたかも、その名前も、何も覚えていない。インターネットをウロウロしていて、ひとつのブログに出逢った。「恋人と死に別れた」女性の日記だった。もはや細かい内容までは覚えていない。印象に残っている言葉をざっと思い出してみた。


立直らなければいけない。また笑顔にならないといけない。
でも、どうしても忘れられない。
ついこの間までいつも一緒にいたのに・・・。
なぜ・・・。
あの時なぜ行かせたんだろう。
なぜ手を振ってしまったんだろう。
どうして「今度にして」と言えなかったんだろう。
あんなにありふれていた日常が
こんなにも大切なものだったとは・・・。


こういった土台の上に、自分なりの想いを込め、この歌詞を書いた。

君の面影、思い出
いつもそばで感じていた温もりに縛られて
身動きが取れない
忘れられないから
今も覚えているから
どうしても動けない
でもこのまま、こうやって
立ち尽くしたまま
生きていくことは出来ない
自分自身で足を踏み出して行かなければ・・
今も空のはてから聞こえる君の声
優しく響き続ける声
君は、きっと今の俺を
今のこの姿を決して望んではいない
確かに感じた温もりを
今の自分を縛り付けている
あの頃感じていたこの温もりを
君のもとへ、今 還します
思い出はこの心の中
これからもずっと思い出として・・・


 この歌は、恋人の死にまつわる歌だ。だが、あえて死という言葉は使っていない。死の悲しみよりも、それを乗り越えていこうとする希望を歌いたかったからだ。そして、さらに恋人と限定できる言葉をあえて使わないことによって、様々な別れにまで歌の対象を広げようと試みた。恋人との別れ、愛する家族との別れ、あるいは親友との別れ・・・生死を問わず、時に別れとは死に別れる苦しみほどに辛いこともある。そして、それを乗り越えていこうとする強さ、希望を表現したかった。

 もちろん、この歌のもととなっているものは、「恋人の死」と「それを乗り越える」というテーマだ。だがそれを少し曖昧にして対象を広げることによって、より多くの人の共感を得たいと思った。

 はたして、それが正解だったかどうかはこの曲を聴いていただいた皆さんに判断していただきたいです。

《ライブ音源》 ←7月23日都雅都雅LIVE音源
  ↑マチコ嬢の声、嫁の声、5才君の声が少し入っています。
   って言っても知らない人がほとんどか。

《弾語り音源》 ←バンドで手掛ける前のデモ音源をリメイク


*************
この空のはて、どこか遠い場所から
君の声がこの胸に響きつづける

確かに感じた温もりのかけらを
高く、空高く解き放つ
*************

実はこれがこの歌の一番言いたいところ。
「一番言いたいなら、サビに持って来いよ!」と言われそうだが・・
実はそう言われると・・ちょっと辛かったりする。

それから、ついでに言うと実はまだこの歌、しっかりと自分のモノに出来ていない。少々音程がとりにくい。自分で歌うのに何でこんなに難しいメロディにしてしまったかとちょっぴり後悔したりもする。・・・ま、これは裏話。おまけだ。

何事も修行だ。




ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加しています→


Silver Wings Web Site  
スポンサーサイト

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽



  1. 2006/08/04(金)|
  2. 歌詞・歌・弾語り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<昨日は・・・ | ホーム | 「希望の媒体」:LIVE音源>>

コメント

BEST3 制覇!

『空高く』はSilver Wingsの曲の中で、実は私の好きな曲のBEST3にはいるのよぉ~
『Farewell Rain』
『目の前は大きな海』
に続く感動の曲・・・
大切な人をなくしてしまう事ってきっと誰にでもある・・・
恋人やツガイのかたわれ、
親兄弟や おじいちゃんであったり、おばあちゃんであったり、恩師であったり・・・
親友、友人、時には息子の友達が17歳という若さで亡くなってしまった事もあった・・・
私は幸いかな、今現在は 大切な人は全部私のすぐ傍にいるけど、きっと、いや必ずお別れしなきゃならない時はくるものね・・・死のみならず、喧嘩別れ、意見の相違、結婚、転勤、病気・・・みんないつか必ず訪れる別れを恐れながら それでもなんとなく覚悟して毎日の平凡な繰り返しの日々をおくってるんやろぉなぁ~
人を愛すると
 すごぉ~く幸せで、
すごぉ~く悲しくって辛くって、
最高に生きてる実感をひしひし感じるけど、
その対象がある日突然急にいなくなったら
どん底に落ちてしまう・・・
だけどホントはいつまでもいつまでも自分の中にはその時のまま居るんだけどね・・・
いくつになっても忘れられない人もいるし、
今最高に大事な人たちもいる・・・
そんな私の気持ち?いや皆の気持ちを代弁するかの様なこの曲・・・
好きだなぁ~
明日は久々バンド練習の日やね・・・
うちの弥生をどうぞよろしく・・・
あれでもお嬢なので、
帰りはしっかり送り届けて下さいませ<m(__)m>
都雅都雅の写真、弥生chanから貰ってね・・・
弥生のお目々パッチリの画像アップ 
楽しみにしておりますゎ (^_^)v

  1. 2006/08/04(金) 19:25:07 |
  2. URL |
  3. yumi #-
  4. [ 編集]

ズッシリきますね この曲は。
いろんな事を考えてしまいました。
愛しい人を亡くした事があるから
余計 ズッシリきます。
でも 気に入ってしまい
何度も聴き返してしまいました。
  1. 2006/08/04(金) 20:08:35 |
  2. URL |
  3. 久遠 #qwKvtbg.
  4. [ 編集]

素敵です!(^^)!
どちらのバージョンも聴かせて頂きましたが
弾き語りの方が、歌詞の雰囲気に合っている様な気がして好きです。
JUNさんが一番伝えたい言葉、心に響きました。
ありふれた、平凡な日常でも大切に過ごしたいと
思いました。
素敵な歌をありがとうございますm(__)m
  1. 2006/08/04(金) 21:27:23 |
  2. URL |
  3. reirei #-
  4. [ 編集]

追加コメント

私もこの曲は弾き語りの方が好き!

とっても澄んだ音がして響きがきれいで

しっとりしてて聞き入ってしまいます。

LIVEででも弾き語りも入れてほしいなぁ~
  1. 2006/08/05(土) 08:41:32 |
  2. URL |
  3. yumi #-
  4. [ 編集]

>yumiさん

いつもコメントありがとうございます。
自分達の周りには、日常的に出会いと別れが繰り返されてますね。その中で大切な人との別れは、本当に辛いものです。
それを乗り越える中でいろんな事に気付いたり自分自身が大きく成長したりすることもあるんですね。
今、あたりまえのようにある幸せは、そう見えても決してあたりまえのものではない。それを知っているのと知らないのとでは、日々の生活の仕方まで大きく変わります。もちろんそうは言っても、生きていく中で、いろんな出来事の中で、その事を時々忘れそうになります。でもあたりまえの幸せこそ、自分達で作り上げていくものなんだという事をいつも感じていたいと思う俺です。


>久遠さん

そういう経験があったんですね。
久遠さんの詩は、周りをとりまく自然や
大切な人に感謝の気持を伝えていますね。
みんながあたりまえに思っているものに対する感謝。

その気持は久遠さんが過去の経験を乗り越えてきたという証だと、今感じます。


>reireiさん

弾語りは、歌がダイレクトに聞こえるんですね。
俺も最近、アコースティックな雰囲気をあらためて見直しています。

>JUNさんが一番伝えたい言葉、心に響きました。

ありがとうございます。そう言っていただけると、心から本当に嬉しいです。
修行不足な歌を披露していますが、これからもよろしくお願いします。


>またもやyumiさん

弾語りについては、現在前向きに検討中です。
  1. 2006/08/05(土) 10:50:46 |
  2. URL |
  3. Jun@Silver Wings #j/FnetGM
  4. [ 編集]

「~いけない」
って、思わなくてもいいじゃん。
いつか自然に笑える日がくるし、立ち直れるよ。
時間は、どう足掻いても過ぎていく。
そして、どんなに足掻いても記憶は薄れる。
忘れたくなくても、忘れていくのが現実。

このままじゃだめだって思うことはあっても、無理に笑わなくてもいいし。
頑張りすぎも良くないし。

って、言うから私は「ドライ」だとか「冷たい」とよく言われます。
  1. 2006/08/05(土) 16:30:20 |
  2. URL |
  3. tsukasa #-
  4. [ 編集]

>tukasaさん

そうですね。俺も基本的には、同じように思います。
ある程度までは、時間の流れが解決してくれるものだと、思います。俺もそうやってきました。

でも、人は誰かのためだけに生きているわけではない。誰か一人を思って生きているわけでもない。自分が喪った誰かのことを心に抱いたまま前に進めず生きている間も、自分を取り巻く大切な人たちは自分と関わり合いながら生きている。
時間は流れて、確かに記憶は薄れていくけれど、その間、人は自分に少しずつけじめをつけながら生きているように思います。そうやって、自分の中で忘れられない思いを遠い記憶という形に変えていってるのかもしれない。忘れたくないこと、ずっと覚えていたいこと、そう願っていることは時がたっても、形こそ変われど案外忘れないものだと、最近思います。

この歌、恋人を亡くした主人公が、時がたって、例えば新しい恋に落ち始めたとき、時間とともに薄れた記憶の中で最後に自分を縛り付けているものに気づきます。それは人それぞれ想いが違うかもしれない。俺はそれを「ぬくもりのかけら」と表現しています。それだけは、どうしても時の流れでは解決してくれないもの、自分でけじめをつけなくてはいけないもの。そう思うんです。
そこから一歩を踏み出すとき、はじめて思い出と呼べるものになるんだと思うんです。

tsukasaさんの生き方、俺はドライだとも冷たいとも思いません。むしろ、自然体で熱いのではないかな。そう思います。

なんか本記事なみに長くなってしまった。
すみません。
  1. 2006/08/05(土) 20:45:35 |
  2. URL |
  3. Jun@SilverWings #j/FnetGM
  4. [ 編集]

あたしの場合ただ離れただけだけど、
でも月夜の空を見ていると、思い出す。
相思相愛ね。
人一倍淋しがりやのあたしはいつまで持つんだろう
  1. 2006/08/07(月) 09:18:16 |
  2. URL |
  3. ちぃ #-
  4. [ 編集]

こんにちは^^

この女性の日記、ブログ仲間のブログで紹介されてたのと似てる・・・。
読んでて、涙が止まらなかった事を覚えています。

いつも居て当たり前でも、離れて見ると大切だった事に気が付くんですよね。
ちょっぴり、切なくなりました。

応援^^
  1. 2006/08/07(月) 12:59:47 |
  2. URL |
  3. みかっち。(^-^)ノ #.sCc0lBM
  4. [ 編集]

>ちぃさん

空は二人を繋いではくれても
逢わせてはくれないんですね。

相思相愛か・・・。
分かっていて待つのは辛いですね・・・


>みかっち。さん

ひょっとしてその方のブログでしょうか・・?
また、教えて下さい。

後から後悔しないように生きていけたらいいですよね。
そう思いながら、だけど結局後悔したりもするんですよね。

難しいです。
  1. 2006/08/07(月) 20:04:24 |
  2. URL |
  3. Jun@Silver Wings #j/FnetGM
  4. [ 編集]

ちょいお久しぶりです!

最近体調が悪くてなかなかコメントできなくてスンマセン。。。(。>。<。)

Junさんの声やっぱ癒されますね~ヽ( * ´  ∇  ` * )ノ

弾き語りもいいですね!
歌詞がグ~ッっと中まで入ってきます。
今回も素敵な曲が効けてhappyv-238です♪♪♪
  1. 2006/08/08(火) 14:15:29 |
  2. URL |
  3. kiki #/cJQ1HH.
  4. [ 編集]

>kikiやん

お久しぶりです。

そう言ってもらえると、俺も歌い甲斐があります。
ありがとう!!

今度、ライブの時は弾語りも検討中です。
  1. 2006/08/09(水) 03:54:31 |
  2. URL |
  3. Jun@Silver Wings #j/FnetGM
  4. [ 編集]


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://silverwingsdiary.blog44.fc2.com/tb.php/103-e11f9572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ALL TITLES

全ての記事を表示

Counter

ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数

Profile

Jun@SilverWings

Author:Jun@SilverWings
京都祇園Live Cafe&Bar
SILVER WINGS

の店長をしています。

空が好きです。ブログパーツ

NEW Entry & Comments

Twitter

 

Calender

05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Gremz

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

Sponsor Link

Category

Mail to Jun

メールフォームへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR code

Silver Wings Diary を携帯で!

QRコード

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Links

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。