Silver Wings Diary

詩や詞、音楽、写真や日記、日々の想いから能書き等々…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

LIVE PHOTO @MUSE 2006/6/25

 昨日、ついにカトチャンよりMUSEのライブ写真データがメールで送られてきた。マチコ嬢が撮影してくれたものだ。

 そんな訳で、早速・・・

全体としては、こんな雰囲気。
       Silver Wings1

あるいは、こんな感じだったり・・・
       Silver Wings2

もしくは、こーんな感じだ。 
       Silver Wings3


もう少しアップで見たいとな?・・・なるほど・・・。
では・・・。
ヒロヤン、ヒカル、俺のスリーショットだ。
       スリーショット1

そんでもって、ヒロヤン、カトチャン、俺のスリーショット。
今回は俺がやたら写っているが気にするな。 
       スリーショット2

さらにアップで見たいとな?・・・ほう・・・
では・・・!
ヒロヤンとカトチャンのツーショット。
       ツーショット1

ヒロヤンと俺のツーショット。
       ツーショット2

ん・・?ヒカル?
いや実は・・・ヒカルはカメラから遠かったこともあって、今回はあまり写っていない。

なに?さらにアップで見たい!?( ̄▽ ̄)ヨシヨシ…
それでは、まずヒロヤンから・・・。ライブ中ヒロヤンはCoolでまず笑顔を見せることはない。今回もスクープとはならなかったようだ。
       hiroyan1

な?笑顔はない。まあ、叩きながら笑っているのも気持ち悪いか・・・。
こんな表情だが案外本人はライブを楽しんでいたりする。
       hiroyan2

こちらもCoolなヒカルだが、今回アングルの都合上高画質とは至らなかった。あしからず。
       hikaru1

だが、マトリクスの雰囲気だけは感じ取ってもらえるか・・・?
       hikaru2

カトチャンは今回またもや帽子を変えた。不評意見も出たが、この帽子も実はCHAR仕様とか・・・。ジーンズもそうらしい。
       kato1

ん・・・。だが、俺も個人的にはカウボーイ系のほうが好きだな。Yさん!おれはあなたの味方だ。
       kato2

人気者のカトチャン!お前がヒロヤン友達の前に姿を現した時。彼女らの間で
「初めてじゃべるー^^」
「チャーや」
「何か緊張する」
などという声があがっていたことを知るはずもなかろう・・・。

ところで・・・お・・・俺は・・?
・・・んー・・・。
まあ、しゃーない。これが青春(?)だ。
おのれ・・・次のライブは、目隠し攻撃でもしてみるか・・・?( ̄▽ ̄)ヒッヒッヒ… 
カトチャン、特別に3枚公開!!
       kato3

最後は・・・当然俺だ。
嬉しそうにじゃべってはいるが、何を言ったかはっきり覚えてはいない。何しゃべった?
       jun1

何かしら歌っているようだ。
       jun2

何にせよ、今回も楽しい時間を過ごさせてもらった。
次は7月23日(日)都雅都雅でライブだ!
ガムバロー!



ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加しています→


Silver Wings Web Site 
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記



  1. 2006/06/29(木)|
  2. ライブフォト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

6月25日 MUSE LIVE

 梅雨らしい雨がシトシトと降る6月25日(日)。我らがSilver WingsはMUSEにおいて今年3度目となるライブをおこなった。

 実は今回、重大な失敗をしてしまった。それは、カメラを忘れたこと。いつもはカメラを持参して、カトチャンの嫁さんであるマチコ嬢にライブ中の撮影をお願いしているのだ。ブログでライブ写真無しのライブ報告など、あり得ない。かなりショックを受けていたが、幸いにもマチコ嬢はいつもカメラ持参でライブに来ているとの事で、その写真をメールで送ってもらうことに・・・。一安心。

 さらには今回、いつも写真やビデオでお世話になっているYさん(ヒロヤンの友人)がまたもや写真撮影をしてくれた。(←感謝!!)つまり今回、写真に関しては何の心配もいらなくなったということ。ありがたい・・・。

写真は手に入り次第、アップするつもりだ。

・・・・・

で?・・・何の話?

ん?そうだ。ライブだった。

今回は持ち時間30分という事で以下の5曲を用意した。

 1.静かなる想い
 2.Imitation Lover
 3.希望の媒体
 4.Farewell Rain
 5.目の前は大きな海

お気づきか?「希望の媒体」・・・演ってしまった。
前日の練習では、9割5分の仕上がりだった。だが「演りたい病」を発症してしまったらもう止まらない。結局は強行突破という事になった。

「まあ、何とかなるやろ。」

歌詞に不安のある俺だったが(←それ、ダメじゃん!)何とか開き直ってみた。(何を根拠に・・?)

この日は他バンドの強い集客力もあって、我らの出番においても予想を遥かに上回るお客がいた。予想と違う展開に俺も少々緊張してしまった。おまけにこのMUSEというところ、舞台と客席の間に幕があって演奏開始と共に幕が開くことになっている。何とも照れくさい。幕が開くと同時にスポットライトが俺を照らす。いったいどんな顔をすればいいのか一瞬悩んだが、とりあえず自然体でということでコードを押さえる左手を見ておくことにした。

1曲目、2曲目は実にスムーズにいけた。この辺りはもはや何の不安もない。伸び伸びと・・・。ヒロヤンいわくは、少しミスをしてしまったようだが・・・。
そして問題の3曲目・・・。まずはのっけから早い・・・。緊張もあってか、大概の曲は本番になると若干テンポが速くなってしまう。これもやはり例外ではなかった。そして歌詞に対する不安が緊張を招き、緊張がミスを招いた。何とか曲がりなりにも収めたが、結果は9割方の出来。やはり熟練なくしてライブをするものではない。いらぬ緊張を招くだけだ。再確認した俺であった。

「言わんこっちゃない。」

やはり、そう思うか?
まあ、しゃーない。これが青春(?)だ。

 4曲目は久々の「Farewell Rain」。MUSEはホールというだけあって天井も高く、音の反響が素晴らしい。この曲はMUSEでは初めて演奏したが、これは正直言って癖になる。

 最後は、「目の前は大きな海」この曲ほどライブ慣れした曲はない。何の不安もない。だから、ステージにおいても余裕がある。余裕があると何だか暇な気分になって、ついついカトチャンにちょっかいを出したい衝動に駆られる。今回はギターソロの時に横でピョンピョン跳ねたり、最後は軽くタックルしておいた。それでも間違うことなく弾き込むあたり・・・さすがだ。だから余計にやめられない。次はどんなことをしてやろうか・・・?

 そんな訳で、今回サイトにアップするライブ音源の目玉としていた「希望の媒体」は、あえなく撃沈となった。あいや、すみませぬ。
次回には必ず!!



ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加しています→


Silver Wings Web Site

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽



  1. 2006/06/27(火)|
  2. ライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ライブ前ブルー

 あさって6月25日(日)は、いよいよ今年3回目のライブ。

「6月でまだ3回かよ?」

 そう言うな。社会人バンドとして、各メンバー忙しい仕事の合間を縫ってやっているのだ。スタジオ練習も2週間に1回、土曜日の午後11時から2時間。練習後のミーティング(無駄話?)を終えて家に帰れば2時前だ。それでも、みんなきちんと集まる。好きだからなんだろうなぁ・・・。

 今回の新曲「希望の媒体」が、今回のMUSEライブの曲目に加わるかどうかは、明日24日のスタジオの結果で決まる。ここまで来たら、やっぱり加えたい・・・。それがやはり本音ではある。でも演りたいがあまり、質は二の次になってしまっては何の意味もない。明日はとにかく客観的に判断せねば・・・。

 もちろん、今回がダメでも次回の都雅都雅ライブには必ず間に合わせる!・・・っておいおい・・・何か・・・今回はダメだっていう事を前提にしてない?

 フッ・・・弱気な俺だ・・・。

 さて、何度も言うようだが今回のライブ・・・会場はKYOTO MUSE。

 そしてさらに詳細情報・・・

 出演は6バンド中4番目。だいたいの出演目安時間は19時45分から。
演奏時間は30分。たった30分だ。これだけの時間のために人を呼びつけるのは、非常に気が引けるのだが・・・フッ・・・弱気な俺だ・・・。

 25日、日曜日。19時頃、京都ですることもなくプラプラしてるんなら我らがSilver Wingsのライブを観においでませ!

 決して損はさせねー!・・・・・ようにがんばる・・・

 またしても・・フッ・・・弱気な俺だ・・・。

 まあ、はたしてこのブログをいったい何人の人が見て・・その内いったい何人の人が京都にいて・・さらに、その内いったい何人の人が興味を示してくれて・・・・最後にその内いったい何人の人がライブに足を運んでくれるのか・・・?

 考えただけで・・・逆の意味で気が遠くなる・・( ̄▲ ̄;)

 最後も出た・・・フッ・・・弱気な俺だ。

↓みんなのポチッが、俺を熱くする↓
↓がんばりまっせー!遠い空から応援しておくれまし!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加しています→


Silver Wings Web Site
  1. 2006/06/23(金)|
  2. ライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

そんでもって熱帯魚

       熱帯魚1

 俺は熱帯魚を飼っている。リビングに置かれた小さな水槽に小さな魚達が15匹程度。ちょうど1年半ほどになるか・・?

 熱帯魚というものに興味を持って飼い始めたのは学生の頃。その時は、幅90cmの水槽にシルバーアロワナという魚を飼っていた。アマゾンの魚で体調1mほどにまで成長する。もちろん、水槽の中ではそんなには大きくならない。ただこの魚、肉食でものすごく餌を食う。餌用の金魚をバカスカ食いやがった。そんなんで結局、学生の俺としては経済的理由から手放さざるをえなくなった。それ以後小型の魚に手を出すようになったという訳だ。しかも飼ってみると何とも水槽の中が平和で良いことに気が付いた。とても気に入っていたが、まさか鳥取から京都まで運搬するわけにもいかず、卒業を期にそっくりそのまま後輩に引取ってもらった。

 ん・・・話が逸れた。

 今飼っているのは、主にカラシンと呼ばれる魚達。紹介しよう。

ネオンテトラ
 ブルーに輝く剣を持つ騎士

グローライトテトラ
 暖かな光を放つ美しき姫

ペンギンテトラ
 忠実な親衛兵

ブラックネオンテトラ
 闇に輝く黒い騎士

ブラックテトラ
 闇に君臨する美しき姫

シルバーチップ
 謎の宝石商

別名はいずれも水槽管理者である俺が命名した( ̄へ ̄)エッヘン
これらはいわば主役達。アイドルだ。水槽内でいつもドラマを展開する。

       熱帯魚2


それに対し水槽内の掃除係として、

石巻貝
 ガラスの苔取り主任

アルジイーター
 水草の葉の苔取り主任
 ガラスの苔取り副主任
 水槽底の残飯掃除係員

コリドラス
 水槽底の残飯掃除主任

ヤマトヌマエビ
 水草内全般の苔取り副主任
 残飯掃除副主任。

いずれも水槽管理者である俺が任命した( ̄へ ̄)エッヘン

 どれも2~5cm程の魚達。水草と流木をセットして水槽内に小さな自然を再現している。また水槽の上にはろ過槽をセットしていて、そこを通って再び水槽内に流れ落ちる水の音がチョロチョロ・・・と心地よい癒しの音を奏でる。川の源流の音というか・・・それこそ目を閉じればいつでも「うたたね」の世界だ。

 熱帯魚はいい。目からも耳からも癒される。大きな水槽だとかなり高額だが、30~45cm程度のものであれば15000円~20000円も出せば必要なすべてを揃えられる。興味があれば、お試しあれ。

       living

 まぁ・・そんな訳で、我が家のリビングは俺にとって癒しの空間となっているのだ。
 ふーーーーっ・・・今日も疲れを癒さねば・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加しています→

Silver Wings Web Site

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット



  1. 2006/06/21(水)|
  2. その他雑話
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:6

うたたね

 うたたね

木漏れ日 僕のまぶたで踊り
やわらかな風が頬を撫でる

せせらぎ 森の空気にとけて
鳥たちが耳元でささやく

いつか見た夢のように優しい
ふいに目覚めれば
君のまなざし

緑の 輝きに包まれて
また僕は眠りに落ちてく


いつか見た夢のように暖かい
ふいに寝返れば
君のささやき

静かな そよ風に誘われて
また僕は眠りに落ちてく

また僕は眠りに落ちてく

眠りに落ちてく



今回は音源付き
Silver Wings Web Site内)

 この歌は、かれこれ9年ほど前に作った歌だ。
この歌は俺の大好きなコード進行を使っている。イントロで流れる進行だ。俺の好きなアーティストの曲でも意外とこの進行を使っている曲は多い。当時、彼女(嫁)の部屋で昼下がりの日差しの中ウトウトと居眠りをしていて脳裏にこのコード進行がずっと流れていた。それに後から歌詞を付けたものだ。うたたね中に出来た進行なので、とにかくリラックスして眠くなるような曲にしたいと思って作ったものだ。「自分が眠くなるような曲を!」をモットーにしていただけあって、作りながら眠くなって居眠りをしてしまうことも度々・・( ̄ー ̄)゜゜゜

 音源は、これもかなり前に自宅で録音したものだ。昨日机の引き出しの中から見つけたので、PCに取り込んで音質編集・・ホームページにUPした。録音当時、まさかそんなつもりはなかったので歌に気が入っていないが、そこがまた眠気を誘うにはちょうど良い・・・今回はそういう事にしておいた( ̄▼ ̄)そういう訳で口裏合わせよろしく(は?)

 退屈な歌なので、力を抜いて軽く聴き流してもらえれば間違いなく眠くなる?!

ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加しています→


Silver Wings Web Site

テーマ:歌詞 - ジャンル:音楽



  1. 2006/06/19(月)|
  2. 歌詞・歌・弾語り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

たまには雨でも・・・

       紫陽花

 昨日、京都では久々に雨が降った。このところ暑い天気が続いていたので、何となく恵みの雨的な感じ。シトシト感に何とも言えない癒しを感じていた。今はこんな事を言っているが、先月はやたらと雨が多くて「青空が見えない」などと文句を言っていたっけ・・・勝手なもんだ。

 以前にも話したが、空が好きな俺としてはその時々の心を映す様々な空が好きなわけで・・・。例えばひと言に癒される空と言っても、ある時は青空であったり、ある時は夕焼け空であったり、またある時はシトシトと降る雨空だったりする。俺にとって「これが癒しの空」というものはなくて、何気に空を見て癒しを感じた瞬間の空がその時の癒される空という事になる。

 基本的に青空は好きだ。親によれば物心付く前から赤ちゃん用の椅子に座らされ縁側で何時間でも空を見ていたという。・・・この話は以前にもしたな・・・・その辺の話はココ携帯用)で・・・。
 いくら青空が好きでもたまには雨が恋しいときもある。夏の夕立なんかも潔くて気持が良い。まあ、あれは空云々よりもむしろ暑さにうんざりして雨が恋しいというべきか・・・。

       紫陽花

 そんなこんなで昨日、ちょっぴり恋しい雨が降った。通勤途中、道路わきでは雨にぬれた紫陽花が、一層鮮やかに咲いていた。

ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加しています→


Silver Wings Web Site

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真



  1. 2006/06/16(金)|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:9

メロディ・オブ 「Fly to the Sky...」

       Fly to the Sky...

 先日、「Fly to the Sky...」のメロディが完成した。完成とは言っても俺の中では9割方・・・。後の1割は、今後マイナーチェンジの可能性があるという事。

 とりあえず完成したメロディを客観的に判断するため、弾語りで自宅録音・・・。早速聴いてみた。んー・・・。思ったとおりワンコーラス目とツーコーラス目のメロディにバラつきが・・・。同じメロディには同じ文字数(±2程度まで)の言葉を用いるが、単純に歌詞の流れに乗せてメロディを付けてしまうと文節や言い回しによって、若干譜割りが変わってしまう。それらを調整しなければいけない。基本的にワンコーラス目もツーコーラス目も各所同じメロディでなければならない。大概は文字数の多い部分は音を詰め込んだり、譜割を微妙に変えてみたりするのが俺の常だ。どうしても文字数の関係で変えられなければ、強制的にその部分に違うメロディを当てはめるという方法もあるが・・・。今回はどうやらその必要はなさそうだ。

 とりあえず、またまた仮の調整をおこない再度録音。・・・ん!今度は大丈夫!さて、こうなるとついつい誰かに聴かせたくなるのが人情というもの。だがいけない!万が一人に聴かせて「おお!良いやん。」なんて言われてみろ。すっかりその気で満足してしまって、この歌はこれ以上発展しなくなってしまう。俺の悪い癖だ。

 だが、どうしても聴かせたい!反応を見たい!しばしの葛藤の末、俺が選んだのは・・・5歳になる息子( ̄▽ ̄)


【ちょっとだけ お父さんの歌聴く?】

うん、きく!ボウケンジャーのうた うたってー。

【それは後でな。先にこの歌聴いて。】

てなわけで、弾語り音源を流してみた。
レゴで遊びながら・・・おいおい・・・こいつ聴いてんのか?
そう思わずにはいられなかった。

【ちゃんと聴いてるんか?】

うん、きいてる

【かっこいい?】

さいゆうきの うたのほうが かっこいいけどなー

【お父さんのも、かっこ良いんやで】

でもこれ さっき うたってた やつやんか!

【そうや。かっこいいやろ?】

なんでここから きこえるん? おとうさん うたってないのに・・・

【・・・】

なあ、なんで?


録音という「出来事」に興味津々。ついさっきの俺の声がスピーカーから聴こえるのがとっても不思議なようで、歌には全く興味がないらしい。しまった。こいつは分かってない!失敗した!(←当り前だ)
まあ、いい。俺が良いと思うのだから・・・。良さが分からない奴は聴かなくてもいい!
自分に言い聞かせる俺であった。


 何はともあれ、メロディはほぼ完成した。後は何度も聴きながら細部を微調整していくのみだ。

 我らSilver Wingsがこの曲に着手するのは、7月23日の都雅都雅ライブ後になる予定だ。本音を言えば6月25日のMUSE後に触りだけでも着手したいが・・・まあ、これはメンバーとの相談が必要だ。

 秋ごろには、お届けできるか・・・?

ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加しています→


Silver Wings Web Site

  1. 2006/06/14(水)|
  2. 作曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2006/6/10 スタジオ

       ドラムセット

 この日は、新曲「希望の媒体」の仕上げの日。前回の最終形から、この2週間の間、アレンジの追加修正の案を自分なりにまとめてきていた。MUSEまで今回を含め、練習は2回。この日は、ライブの曲順決定と通し練習も予定していた。この新曲がリストの中に入るかどうかは、ほぼこの日に懸かっていた。そのような時期にアレンジの変更をするとあって、俺的には正直「MUSEには間に合わんやろなー。」と思っていた。

 スタジオ入り後早々にアレンジの追加変更点をメンバーに伝え、いざやり始めてみた。するとこれが何と!・・・思った以上にすんなりと出来た。おまけにヒカルがハモリの部分を考えてきてくれていたので、開始後30分経たないうちに一応完成を迎えた。仕掛けの多い曲なのでヒロヤンは少々浮かぬ顔ではあったが・・・。

 休憩時間を利用して、MUSEライブの曲順を決めることになった。新曲については一応完成という事で全員納得はしたものの、この時点では不安材料も多く・・・誰より俺自身が少々弱気だったこともあり、今回は外そうという事になった。何はともあれそれ以外の曲で一応の曲順を決め、いざスタジオへ・・・。

 さすがはやり慣れた曲。ほぼ問題なく通せた。残った時間で、再度新曲を・・・・。違う曲で気分転換したこともあり、俺が歌詞を間違える以外は、ほぼいい形になっている。強いて言えば、ヒロヤンが時折迷いを見せる程度。「ん・・・なかなかいいねー。」なんて思っていると、

 おもむろにヒカル・・・

「この曲、今回いけるんちゃう?」

「ええー!ちょっと無理・・・」

と、ヒロヤン。

「大丈夫、大丈夫!あと2週間練習したら、いけるいける。」

押し出すと止まらないヒカルだ。

 今年はのっけから、都雅都雅、MUSEとライブが続き・・・カトチャンのウェディングパーティー・・・と行事が目白押しだったこともあり、曲を増やせていない。・・・つまり・・・「希望の媒体」を入れないとなると、何とも変わり映えのしない曲目となる。我らもそれゆえ今回のMUSEに間に合わせるべくやってきたのだ。

「大丈夫!勢いで、いける!」

 半ばヒカルに押しきられる形で「希望の媒体」が曲目に加わった。とは言え、根拠もなく押し切るヒカルではない。ヒカルが言うのだから、2週間後の完全なる完成形を頭に描いているに違いない。

 万が一間に合わなくて新曲を外すような事があったとしても、今ある曲なら前日練習でも十分対応できるはず。俺も納得していた。


 はてさて・・・はたしてライブ当日「希望の媒体」が曲目に入っているかどうか・・・。入ってなければ、「こいつら間に合わなかったんだ」と軽く笑ってやって頂きたい。ご注目あれ。

ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキング参加中→


Silver Wings Web Site

テーマ:バンド - ジャンル:音楽



  1. 2006/06/12(月)|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

初バトン!君に胸キュン!

 「とらべる すけっち」のkikiさんからこのブログ初のバトンが回ってきた。ネタ切れの時には大いに助かるが・・・

記念すべき初バトン!その名も「胸キュンバトン」・・・あいやー!・・参った・・・。困った・・・。

とりあえず・・・

  スタート!


胸キュンバトン

おい!胸キュンバトンって知ってるか?

【ああ・・有名なやつやろ?知ってる知ってる。】

ゆ・・有名ではないやろ!・・まあエエわ。
俺が質問するから答えろや。

【おっしゃ!どっからでも来い!】

Q1胸キュンするポイント
 
【ポイント・・・?。いきなり難しいな・・。まあ・・女性のシルエットに弱いな。】

ほーーぅ・・・なるほど。それがどうした?

【文句あるか?】


Q2憧れの胸キュンシチュエーション

【夏の夕日・・海岸!】

くっさー!

【うるさい!】

誰か!ファブリーズ持ってきてくれ!

【し・・しばく!】


Q3胸キュンする言葉  

【フ・・・言葉じゃねえ!大切なのは笑顔!】

答えになっとらんがな!

【笑顔にも弱いが・・・涙にも弱い・・フッ・・】

何を格好つけとんねん!

【・・・】


Q4聴くと胸キュンしちゃう曲  

【ああ!これは文句なし!オフコースの「夏の日」。これたまらん!】

「夏の日」 詞・曲:小田 和正

君が僕の名前を
初めて呼んだ夏の日
僕は君を愛し始めてた

あの夜君は部屋にいない
でも僕は何も聞かない
ただ君を離せなくなっていた

誰かのための君の過去は
都会のざわめきに隠して

とどけ 心 あしたまで
せめて 秋が 終わるまで
いつも 愛は 揺れてるから
心を閉じて誰もそこへは入れないで

【ぉぉぉおおおおっ!我が青春よ!いずこへ?!!】

・・・熱さましーと 持ってこよか・・・?


Q5胸キュンする5人

【田中 美佐子。さっきの「夏の日」のプロモーションビデオに出てた。】

はい、次!

【石田 ゆり子。最近、酒のCMに出てたやろ!あれあれ!たまらん。】

お前・・分かりやすい奴やのー・・・はい、次!

【だいた ひかる。何や?!芸人にこんな奴いたん?うそー!・・・そんな感じ。】

・・・なかなか・・見る目あるやないか・・・は・・はい、次!

【米倉 涼子。猫的な目が・・・突き刺さる!】

なるほど・・・はい、次!

【んー・・・菊池 美香。デカレンジャーに出てた。デカピンク!以上!】

ふーん・・・ところで嫁さんは?

【あ・・】

このままで、ええんかい?

【あ・・うそ!・・一番目は嫁さん!訂正!訂正!】

遅いわ!


Q6今まで生きてきた中で一番の胸キュンは?
 
【高校のとき、学校帰り、夕方に歩道橋で見た当時好きやった娘のシルエット】

かーーっ!切ないねーー。ところで嫁さんは?

【あ・・】

この答えで、ええんかい?

【うそうそ!嫁に結婚してって言われた時!】

ま・・マジ?逆プロ?!ホンマの話?

【あ・・】

【ていうか逆プロって何やねん!そんな言い方するんか?】

気にすんな・・・


Q7胸キュンに名前をつけるなら

【君に胸キュン】

お前・・・それ、YMOやないか!また、懐かしい・・・

【今の上手い?な、な、上手い?】

というより、オヤジギャグ。

【そよそよと 小川は流れ】
【そよそよと 風は流れる】
【君は髪を揺らせながら 僕の心をつかむ】
【着物のすそを たくし上げて水面(みなも)をゆらす】
【遠い昔のこの記憶 僕の思い出】

何やそれ?

【質問の答え。・・・遠い思い出。後輩が作った歌。】

は?

【だから!遠い思い出!・・答え!】

あ・・・なるほど。


Q8胸キュンした時に心の中でする音は?

【ピシッ!】

な・・なんじゃ?マジギレ寸前みたいな音やなー。

【ゴロゴロ・・・!】

雷に打たれとるやないか!

【キンー・・・・・】

何の音?

【クリスタルガラス・・・】

なるほど・・・。


Q9次に回す闘志5人

【これこれ・・・これが困るねん!いったい誰に回すねん!】

コメントの履歴から適当に選べや!

【お・・・俺には無理!お前やって。】
【実はまだこんなん回せる友達少ないねん。】

しゃーないな・・・。今回だけやでー!・・ほな・・いくで・・

一人目!・・「ゆりりんこ。の徒然日記」のゆりりんこ。さん
      唐突ですが、よろしくです。

二人目!・・「☆写真なブログ☆」のみかっち。さん
       唐突ですが、よろしくです。

三人目!・・「桃歌の世界」の桃歌さん
       詩のブログにこれはちょっとキツイかもね。
       ごめんなさい。

四人目!・・「Raspberry* Sky」のR*さん
       これも詩のブログ。ちょっとキツイかなー。
       ごめんなさい。

五人目!・・「A fragment of a memory**」のちぃさん
       やば!これも詩のブログ。
       ごめんなさい。他にいないんです。

雲行きが怪しいので、もうひと声!
筋肉料理人の料理トレーニング」の筋肉料理人さん。
        もし見られたら、ぜひご協力のほどを!

以上・・・可能な範囲でお願いします。
ブログにUPし辛い方、コメント欄でも受付中!

その他、興味ある人もやって頂戴!
こちらも、コメント欄で受付中!


ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキングに参加しています→


Silver Wings Web Site

テーマ:雑記 - ジャンル:日記



  1. 2006/06/09(金)|
  2. その他雑話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

不思議な関係

       カトチャン's guitar

 我らがSilver Wingsは、仲がいい。もちろん人間同士の付き合いゆえに少々の摩擦はある。だが基本的に仲がいい。メンバーが顔を合わせるのは・・・スタジオ練習のとき、ライブのとき、飲み会のとき・・・。ほぼそれだけだと言っていい。仕事も違えば、生活スタイルも違う。住んでいるところだって、決して散歩がてらに出向けるような場所ではない。だから当然、私生活での付き合いはほとんど無い。かつて良くつるんでいたヒカルですら、最近バンド以外で会った事はない。どのメンバーともバンドを介してのみの付き合いだ。スタジオ練習は2週間に1回。2週間に1回しか顔を合わさない。それでも会った時には、まるでさっきまで話していたかのように普通に話す。よそよそしさは全くない。考えてみれば実に不思議な関係だ。

 バンドというのは、それ自体ひとつの社会・・・チームになっている。各メンバーが自分の仕事をきっちりとやって、初めて「当り前のモノ」が出来る。楽曲が完成品だとすれば、各メンバーはパーツであり、そして自らの中に多くの歯車を持った「歯車の集合体」といったところか・・・。そしてそれらが噛み合って楽曲というものを生み出している。だがこれでは、単に機械的な関係だ。我らは「当り前のモノ」では満足していない。どの楽曲においても「より良いモノ」を常に模索している。では「当り前のモノ」を「より良いモノ」にするには・・・?歯車を磨き、交換し、不要なものを取り除き・・・なおかつ、他のパーツ(メンバー)とうまく噛み合わなければいけない。噛み合うためには、他のパーツを知らなければいけない。他のパーツを知るためには・・・バンドマンとしてのメンバーを知らなければいけない。つまり【極端】に言えば、バンドにおけるメンバーを知り、それ以外におけるメンバーは、知る必要がない・・・とも言える。じゃあ、我らがSilver Wingsはそういう渇いた関係で・・・そういう中で楽曲に取組んでいるのか・・・・?

答えは・・・『No』だ。

 我らはバンドマンとしてお互いに信頼関係を築いている。我らの信頼関係は、世の常の通りお互いの人間性・・・人柄を知った上で生まれ、構築してきたものだ。もちろん、音楽性というのは大切だ。それなくしては成り立たない。その上に立って、スタジオ練習、ライブ、あるいはその前後の時間、はたまた飲み会で・・・知った様々な面を・・・それらすべてを見て構築してきたものだ。

 また、我らの身に起こった様々な出来事も信頼関係の構築に大きな影響を与えたと思っている。例えば・・・「福知山ボンチフェスタ」(関連記事)[携帯用]。オーディションを通過して出演を果たしたあのイベントは、同じ目的のもとメンバーが心を一つにした出来事だった。あるいはメンバー不在の危機。この時残ったメンバーはいつも支えてくれたし、満足に活動も出来ない中、何も言わず待っていてくれた。もしもバンドというものに対してだけ固執するのであれば、おそらくその時点で他のバンドへ移籍していたかもしれない。そして何よりも、俺自身はその事を一番恐れていた。今思えば、おそらくそういうことも少しは頭を過ぎったに違いないと想像する。だが誰もそれを口にしなかった。

 バンドという、この世の中からすれば非常に小さな限られた社会だが、その中で我らがSilver Wingsはお互いに良い関係を保っている。一般的にはこういう関係を親友とは言わないかもしれない。だけどこの小さな社会において、それをより良くするために言いたいこと、言うべきことを時には隠すことなく・・時には相手を気遣い控えめに・・言い合える仲であれば、それはもう仲間であり親友なのだと俺は思っているし、そうでありたいと願うのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加中→


Silver Wings Web Site

テーマ:日記 - ジャンル:音楽



  1. 2006/06/06(火)|
  2. 外伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

せっせと曲作り

       My Guitar

 昨日、ギターを弾きながら「Fly to the Sky...」のメロディを考えていた。

 やはり、題名と歌詞からして空の感じを前面に出した広がりのある曲にしたい。広がりを表現するために重要な要素となるのは・・・メロディももちろんだが、ここはコード(和音)進行を最重視したい。こういった曲は先にこれを決めることが多い。そしてそれにメロディを乗せていく。特にコード進行は曲の雰囲気を決める重要な要素。陰陽は特にこれで決まる。広がりを持たせるには・・・単純な方がいい。この曲は特に空を表現したい。コードを複雑にするとなかなか広がりのある雰囲気は出せない。したがって、こういう場合、誰もが知ってる基本的なコードを使う。というか俺の曲は大概、基本的なコードしか使っていないが・・・。この場合はしかもメジャーコードを多用したい。例えば代表的なのは「ド・ミ・ソ」コードネームで言えば「C」。広がりを持たせるには、コードが目まぐるしく変わるような曲は頂けない。ゆったりとコードが進行する曲。特にサビ以外の部分。サビは別。ここは逆に盛り上げたい。歌詞においても、サビはポジティブな部分。前記事ではないが、まさに空に向かって・・「大」の字。だからそれ以外は、ゆったりと・・・サビとの区別を明確にしたい。

 こういった方向性だけ決めて、いろいろなコードをひたすら弾きまくる。当然そこに、簡単な仮のメロディを乗せながら・・・目当ての雰囲気を模索する。この時の仮メロディが、後々重要な役割を担うことが多い。つまり、メロディの骨格となるという事。これに音を加えたり省いたり、譜割を変えたりしてメロディを整えていく・・。お!話が逸れた。んー・・コード進行・・・。こうして昨日、コード進行と骨格メロディは完成した。次なる段階は、メロディを整える作業。歌詞の文字数という縛りの中でいかに聞きやすく、キャッチーな、そして目的の雰囲気を表現できるか・・・。ここからが時間を要する。場合によっては歌詞の言いまわしやフレーズ等の変更も覚悟せねばならない。今回は極力そういうことにならないよう、じっくりと時間を掛けて取組むつもりだ。

ん?・・・何か・・・わけの分からん話?
俺も分からん・・
ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加しています。→


Silver Wings Web Site

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽



  1. 2006/06/05(月)|
  2. 作曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

だーーーーいっ!

       いい空・・

いい季節・・・
晴れると気持いい。寝転んでいても、立っていても・・・
思わず



の字になりたくなる。


「だーーーいっ!」

ってな具合。
寒くもなく・・暑くもなく・・・
まあ、このところ暑いが・・・そんな時は、日陰で・・・

「だーーーいっ!」

願わくば、パンツ一丁だが・・・公衆の面前でそれをやって・・・
女子が集まってきてはいけない。(←ばか)

街なかで・・橋の上で・・・ビルの屋上で・・・

「だーーーいっ!」

やはり、気持いいのは高いところだ。
例えば、山の頂上・・・気持がいい!
ここなら、少しくらいパンツ一丁もできそうだが・・・
・・そんなところでそれをやって・・・蚊が集まってきてはいけない。
万が一手の届かないところを刺されたら、それこそ大ごとだ。

高いところといえば、緯度の高いところ・・・・
学生の頃、真冬の北海道に旅行に行った時のことだ。
稚内の宗谷岬・・・日本最北端の地・・
まさに、緯度の高いところで・・・

「だーーーいっ!」

をした事があった。
しかも、パンツ一丁・・
あれはさすがに、気持いいとは断じて言えなかった。
少々悪ノリが過ぎた。

この話は別として・・・今の季節ならば、どこでやろうと・・・・
目を閉じればいくらでも気持のいい景色は思い浮かぶ。
まあ、出来るだけ風通しのいい場所が好ましいが・・・

海・・・いいねぇ・・・
山・・・うんうん・・・
川・・・捨てがたい・・・
もうひと声!
ん・・・草原!!

想像はタダだ。
何にせよ、今日も俺は仕事場で・・・・
作りかけの建物の屋根に登って・・・・
深く息を吸い込み・・・・

・・・いざ!

「だーーーーいっ!!」

【何やってんの?】職人の声。

んー・・・・。気持いい。・・空もきれいだ。
       だーーいっ!

ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加中→

テーマ:日記 - ジャンル:日記



  1. 2006/06/03(土)|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Fly to the Sky...2006

 Fly to the Sky...

いつも探してた 
深い霧の中で 
心震える場所を
振り向けば 遥か遠く
思い出たちを見渡して

いつも迷ってた 
今の自分にさえ 
掲げられるモノもなく
いつも何かのせいにして
心の逃げ道 作ってた

Fly to the Sky... 
きっとまだ飛べるはず
銀色に輝く 
心の翼はばたいて
ここから飛び立とう



倒れそうなときも 
数え切れないほど 
誰かの支えを受けて
言葉さえ返せないまま
ただ時だけが過ぎていた

迷わずに行こう 
晴れやかに澄んだ 
希望という名の道を
見渡せば 大海原
輝くのは行くべき道か?

Fly to the Sky... 
もう一度飛べるはず
この翼信じて 
疲れを知らぬ鳥のように
Fly to the Sky... 
あの雲の向こうへと
限りない空へと 
必ずたどり着くために
ここから飛び立とう


失くした約束 
亡くした友達
かけがえのない出会いを
忘れずに行きたい 
戻れないこの道を
Let me fly again


Fly to the Sky... 
きっとまだ飛べるはず
銀色に輝く 
心の翼はばたいて
Fly to the Sky... 
あの空の彼方へと
この風を抱きしめ 
日の光 身体に浴びて

Fly to the Sky... 
もう一度飛べるはず
この翼信じて 
疲れを知らぬ鳥のように 
Fly to the Sky... 
あの雲の向こうへと
限りない空へと 
必ずたどり着くために
ここから飛び立とう

銀の翼 はばたいて
ここから飛び立とう・・・
[Fly to the Sky...2006]の続きを読む

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽



  1. 2006/06/01(木)|
  2. 歌詞・歌・弾語り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ALL TITLES

全ての記事を表示

Counter

ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数

Profile

Jun@SilverWings

Author:Jun@SilverWings
京都祇園Live Cafe&Bar
SILVER WINGS

の店長をしています。

空が好きです。ブログパーツ

NEW Entry & Comments

Twitter

 

Calender

05 ≪│2006/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Gremz

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

Sponsor Link

Category

Mail to Jun

メールフォームへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR code

Silver Wings Diary を携帯で!

QRコード

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Links

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。