Silver Wings Diary

詩や詞、音楽、写真や日記、日々の想いから能書き等々…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

Bagdad Cafe

       バグダッド・カフェ 完全版 バグダッド・カフェ 完全版
 

この商品の詳細を見る

 俺の好きな映画のひとつに「BAGDAD CAFE」というのがある。1988年に製作された映画だ。俺が初めてこの映画に出会ったのは、確か1995年ごろ・・・学生時分だ。映画好きな親友に「何でも良いから貸してくれ」と言って、借りて観たのが最初だ。それまで映画といえば主にSF・アクションだった俺だが、この映画は俺の心の中に流れ込むように・・・実に自然に入ってきた。黄色というか、赤色というか・・・どこか懐かしい色使い、砂漠の色と空の青さが印象的だった。主題歌「Calling you」(ジェヴェッタ・スティール)が、印象的に流れ、意識を鷲づかみにして・・・次の瞬間には、完全にその映像の世界に入り込んでいた。もっと古い映画のような・・・そんな感じを受けた。そして何よりも、映画の舞台がアメリカ西部、モハベ砂漠(実際には荒野)というところも気に入った。アメリカ西部が好きな俺だ( ̄ー ̄) ついでに言えば、題名だけ見てイラクの映画かと思っていたので、そういった意外性も興味をそそった。

 物語としては・・・傷つき、渇いた心を持った二人の女性が出会い、周囲の人々を巻き込みながら歩み寄っていく・・友情が生まれる・・・あらすじを極めて簡単に語ればそれだけだ。そんな何気ない人間のやり取りが、こうも心に訴えかけるものなのか・・・。
 砂漠に建つカフェ、そしてモーテルのみを舞台に進行する。旅の途中で夫と喧嘩別れしたドイツ人の女性旅行客が、同じく夫に愛想をつかされ出て行かれたカフェ、モーテルの女主人と出会い、そこに住みついている(?)個性的な住人達、そして子供達と関わりあいながら徐々に友情を芽生えさせる。荒野と青空、輝く二つの光・・「ヴィジョンの絵」・・・。渇ききっていた心が癒され、渇ききっていたカフェに活気が溢れる。渇いた映像と効果的に流れる主題歌「Calling You」・・・・観ているこちらも心癒される。

 あれ以来「Bagdad cafe」は、6,7年前にレンタルして観たきりだ。だが、「もう一度観たい。手に入れたい。」という思いはずっとあった。出先で思い出すたび探してみたが、なかなか見つからなかった。ところが先日、ネットでいとも簡単に見つけてしまった。今頃になって、改めてネットの便利さを痛感した。なぜ、今まで気付かなかったのか・・・。もちろん、即購入だ。しかも完全版。

 そして・・・久々に観た。俺の記憶も・・もちろん映画も・・色あせてはいなかった。またもや心を癒された。

 心温まる映画もいろいろ観たが、この映画ほど「もう一度観たい」「何度でも観たい」と思う映画はない。

ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキングに参加しています→


Silver Wings Web Site
スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画



  1. 2006/05/30(火)|
  2. その他雑話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006/5/27 スタジオ

       スタジオ

 スタジオに到着すると例によってカトチャンはすでに到着していた。そしてこれまた例によって「いったい何時間前からそうしてるんや?」と聞きたくなるようなオーラを発しつつ漫画本に読みふけっている。スタジオにはバンドマンたちが自由に使える談話スペースの様な場所があって、そこに雑誌やマンガ本が置いてあるのだ。いつも早めに到着するカトチャンは、ここで雑誌や漫画本などを読んで時間をつぶす。

 さて、この日は新曲「希望の媒体」の詰めをおこなって、いよいよ熟練体勢へと持ち込む最終段階だ。前回の最終形を感覚に呼び戻すため、軽く流してみた。・・・が、「おいおい・・・何か・・かなり記憶が飛んでいませんか?」と言いたくなる様な散々な状態。これはまずいとばかりに全員気を引き締めてもう一度・・・。何とか3,4回繰り返すうちに、前回の勘を完全に取り戻すことができた。
 
 ヒロヤンは今回の新しいリズムにも大分に慣れてきたようで、少々まだ迷いはあるものの、徐々にドラミングにメリとハリが出てきた。ヒカルも手探りながらおいしいフレーズをそこここに叩き込み、ヒロヤンとのコンビネーションも徐々に取れ始めた。これは俺の個人的な意見だが、リズム体が締まるとそれだけで曲のランクは数段上がる。単純な俺は、それだけでかなり曲が仕上がったように錯覚してしまうほどだ。曲全体がある程度仕上がってくると、特にそういう錯覚に陥りやすい。だから決まって曲を終えると、半ばヒカルに問いかけるように、

「いい感じやと思うけどな・・?」

などと言葉を発する。一応、ヒカルの判断も確認しておかなければならない。

ん?・・「自信が無いのか」って?
んまあ( ̄▽ ̄)・・・そうとも言う。(←おい!)

 何を隠そう、それが我らがSilver Wingsにおいてヒカルが音楽的リーダーたるゆえんだ。特に今回、いろいろアレンジ面でヒカルのサポートが生きている。突発的な思いつきを、いかに格好良く聴かせるか・・・?

 カトチャンも今回は比較的とっつきやすいのか、特にソロ部分において選びがたいおいしいフレーズを連発してくれた。
「もう、何でも良いからお任せ!自由にやって( ̄ー ̄)」
もはや、そういう気分だ。しかし回数を重ねる度に、予想もしない新たなところに新たなるフレーズを弾き込む辺り、やはり隅に置けない奴だ。無意識ロッキンギタリスト・カトCharの事だ、ひょっとすると、そのどれひとつとして覚えていないのかもしれない(まさか?)いや、きっとそうに違いない。

 まあ、しゃーない、これも慣れた(^-^)
 
 と言うか・・・これがあるからやめられない。

 曲は思いのほか早い仕上がりを見せている。MDに録音した今回の最終形を何度も聴くにあたり、アレンジ面でもう一捻り必要な感はあるが、俺の中では8割方完成といえるくらいまではきている。ここまでこの曲に費やしたスタジオ入り回数は3回。上出来だ。

 次回は手っ取り早くアレンジを固め、完成へと持って行きたいものだ。何とかMUSEに間に合うか・・・?

ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキングに参加しています→blog ranking

Silver Wings Web Site

テーマ:日記 - ジャンル:音楽



  1. 2006/05/29(月)|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KYOTO MUSE で ライブ!

Silver Wings LIVE

 ある日のこと。とある店で酒を飲みながら二人の男が交わしていた会話だ。
* * * * * * * * * * * * * [KYOTO MUSE で ライブ!]の続きを読む

テーマ:音楽について - ジャンル:日記



  1. 2006/05/27(土)|
  2. ライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バイバイ!桃太郎

 今年3月25日。嫁は死産を体験しました。原因は子宮内胎児死亡と診断された事によります。今回はその事についての話。男としての俺が見た嫁の姿、そして死産という事に対して感じたことなどについて述べています。同情やお涙を頂戴しようなどという気は毛頭なく、むしろ自分自身この経験を忘れないために、そして同じような経験をされた方へのメッセージ的な意味で公開させていただきます。記憶が薄れないうちにどうしても残しておきたかった。いずれ本人の目にとまる事とは思うが、それまでは内緒の記事です。このような場でこのような事を公開するということに、不快感を覚える方もおられるかもしれません。それも理解出来ます。そのような場合は、今回だけ、何も言わずこのページを閉じてください。

以上を踏まえた上で、続きを読んで頂けるなら幸いです。
[バイバイ!桃太郎]の続きを読む

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ



  1. 2006/05/25(木)|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

夕日か・・・・・

       夕焼け

 この間、ブログを巡っている中で、「夕日」という言葉に出会った。この言葉に出会って、ここしばらく夕日を見ていないということに気付いた。それもそのはず、全国的に日照時間が少ないとか・・・例年の5割から6割程度らしい・・・。おまけにその数少ないチャンスも逃していたという訳だ。


 きれいな夕日(夕焼け)というものを俺はあまり見た事がない。いや・・勿論ある事はある。確かに何度もあるが・・・今までの人生の長さからしてその回数はあまりにも少ない。・・・ような気がする。ん?覚えていないだけ?・・いや、俺に言わせれば忘れるようなモノはきれいな夕日(夕焼け)とは言えない。・・昼間晴れていれば必ず見られるというものではない。夕日(夕焼け)が見られたからといって、必ずしもそれがきれいに輝いているわけでもない。本当にきれいな夕日(夕焼け)は、本当に限られた条件の下で見られるものだと俺は思っている。そして何よりもそれを見る機会を無くしている一番の理由としては、きれいな夕日が輝き、夕焼け空が広がっていたとしても、その瞬間に空を見ていない事があまりにも多いという事だ。夕日がきれいに輝くのは一日の中でほんの一瞬。それを逃せば、きれいな夕日(夕焼け)を見ることはかなわない。

 夕日(夕焼け)がきれいに見えるためには、雲の影響も大きい。雲に夕日の光が映えた様には、目を奪われることがある。逆に、雲ひとつなく、空一面に見事なグラデーションをかもし出す様も圧巻だ。

       夕雲

 そして夕日(夕焼け)をきれいに演出する要因として、影の存在も外せない。山の影、人の影、建物、橋・・・。夕映えにそれらがシルエットとなって浮かび上がる・・・。思い出すのは高校の頃、部活が終わった帰り道。歩道橋を歩く片思いの彼女のシルエットだ。夕日とあいまって忘れ得ない記憶として俺の中に残っている。

       シルエット

 また別の要因として、川や海などの水面、あるいは金属などへの反射光についても外せない。以前の記事で、携帯用待受け画像として紹介しているが、海に反射する太陽の光は夕日そのものよりもずっと多くのドラマを伝えている。

それにしても・・・・
京都の空は、今日もいまいちすっきりしない。
晴れたり曇ったり・・・今日も夕日(夕焼け)は期待できない。
 
シトシトと降る雨も好きだが・・・こう続くとね・・・。
そろそろ、夕日が見たくなった。忘れられない夕日を・・・。

 忘れられない夕日って・・実はそれを見る人の心が映し出されたとき、その人にとって忘れられない夕日になるのかもしれない。切ない気持とか、辛い気持とか、悩んでいたりする気持が癒された時に・・・。あるいは夕日(夕焼け)の中に何か希望のようなものを見出した時とかに・・。

       夕日

夕日の向こうに・・何が見える?
希望に満ちた朝の光?
それともこの後訪れる真っ暗な闇?

最近になって、また朝日が見えるようになった。

************************************
ブログランキングに参加しています。
36430中1066位ブログランキング・にほんブログ村へ←ポチっと
どこかわからない・・blog ranking←ポチっと
押していただけると幸いです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記



  1. 2006/05/24(水)|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

希望の媒体

       Silver Wings

 歌を作るとき、特に歌詞を書くとき・・・俺にはその作り方に関して大きく分けて2通りのパターンがある。1つは自分の中の思いや、イメージを膨らませて形にするパターン。もう1つは大体の方向性だけ決めて、言葉をパズルのように組立てて形にするパターン。元々は前者のパターンだけだったのだが、それだけではバンドとしての変化という事に関して自分自身限界を感じていた。そんな時、遊び半分で言葉を組み合せる中で偶然に生まれたのが後者のパターンだ。生まれたと言っても、何も俺が編み出したわけではない。実は良くあるパターンだ。出来るようになったと言う方が適切なのかもしれない・・・。これは、歌詞の内容よりもむしろ音にこだわっているもので、韻を踏んだり、似た言葉を使うことで聴こえ方をコーディネイトしている。またちょっと大袈裟な言い方をしているが、先ほど述べたように、要するに言葉のパズル・・頭の体操のようなものだ。とは言え・・・・パズルだからと言って、決して手ごろな言葉を意味もつながらないのに単に羅列しているわけではない。全体として、何らかのストーリーあるいはメッセージは込めている・・・つもりだ(弱気)。こういった曲は、「歌詞で伝える」という事にあまり重点を置いていない分、聞いていて乗れる曲、楽しい曲、格好良い曲に仕上げなければという思いを持っている。そのためにはメンバー自身も乗れて、楽しめるという事が絶対条件だ。そしてさらに元をたどれば、メロディやリズム・・・構成などが重要な要素となる。韻を踏んだ歌詞とうまく噛み合うメロディ、聴いていて自然と身体が動き出すリズム、変化のある意外性のある構成・・・。これらにメンバーの音楽性が追加され、センスが発揮されて初めていいものになる。偉そうに言ってはいるが俺自身、実は未だ開発途上だ。俺がそんな状態だから当然メンバーにもハイレベルな注文を出す事が出来ない。それ程の注文を出せるまでに自分自身のレベルを押し上げるには、今しばし時間が必要だ。

 とは言え、今の自分の出せる最高のものを持って作り上げた曲を目指すレベルに達しないからといってそのまま眠らせてしまうのはあまりに惜しい。俺の・・そして我らがSilver Wingsの成長の過程として、見届けてもらいたいというのが本音だ。そんな訳で、今我らが取組んでいる新曲、「希望の媒体」の歌詞を紹介したいと思う。この曲が、皆さんの耳に届くのは6月25日(日)のMUSEか、もしくは7月23日(日)の都雅都雅。このどちらか、もしくは両方になる予定だ。何とか間に合わせるため目下奮闘中なのだ。はたしてどの様なリズムにどの様なメロディ、どの様なギターサウンドが盛り付けられているのか・・?
 言っておく・・これは間違いなく見所のひとつになるだろう・・。(おっと・・大胆・・!・・言ってしまったかー?)

 歌の内容としては、某有名人と取巻く出来事を自分なりに感じて歌にしたものだ。誰かは想像にお任せする。
[希望の媒体]の続きを読む

テーマ:バンド - ジャンル:音楽



  1. 2006/05/23(火)|
  2. 歌詞・歌・弾語り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

思い出を思うに・・・

       哲学の道(京都):画像提供ゆん写真素材集
       哲学の道

 今日、「アイ・アム・ミスター・バンダーナ!」に頂いたコメントを読んでいて、また返事を打込みながら、ふと思ったことがあった。
[思い出を思うに・・・]の続きを読む

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽



  1. 2006/05/20(土)|
  2. その他雑話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アイ・アム・ミスター・バンダーナ!

       バンダナ

昔、19の頃・・・。バンダナが好きでな・・・。

いろいろ集めとった。今も30枚くらいはあるかなー。

当時は頭にひとつ、リュックにひとつ、ジーンズのポケットにひとつ、自転車のサドル下にひとつ・・・。

着けすっぎゃで・・・ホンマ。

ついでに、茶色のスモーク系のグラサン・・・おー怪しっ!

そんな格好で予備校通っとった。色とりどりのバンダナなびかせて、さっそうと登場しとったわっけや・・・格好つけて・・。自転車はファニーバイク・・・前輪が24インチ、後輪が27インチのロードレーサー・・前につんのめるようなやっつや・・・知らんか?そら目立つでー・・そないな格好で、そんなもん乗っとったら・・。

当時のあだ名は・・「バンダナ」・・女の子らの間でそう呼ばれとったらっしいわ。ずいぶん後になって、人から聞いたんやけどな・・。ぜーったい笑いモンにしとったんやでー・・・ホンマ。あんな格好、今はようせんわ・・。

・・・?・・・せやけど・・「バンダナ」って・・・何やねんおい!

何かの番組の刑事みたいやないけ・・・・そんなんおらんかったかいな・・?

おったやろー・・確かー・・・。

・ ・ ・ ! ・ あー。・・・あれは「ジーパン」か。
ぜんぜん ちゃうがな。しっかも古い・・・。

それとな・・・

実はな・・・ランキング参加しようと思とんねん。
せやし、コイツおもろい奴やなー・・思たら、
これを→ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッと押してくれへんか?
一回だけでええねん。頼むわ・・な?
携帯の人も・・頼むわ・・・通信料払わへんけど・・・な?

PCの人・・ここも覗いてぇな。
Silver Wings Web Site

テーマ:日記 - ジャンル:日記



  1. 2006/05/19(金)|
  2. その他雑話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Middle of the shadow ~亡き友へ捧ぐ~

~ 俺の友、大門 博生に捧ぐ ~

       Silver Wings

 俺が学生の頃・・・訳あって(?)人より長く学生生活を送っていたのだが・・・一足先に岐阜で就職をはたした親友が、長期休暇を利用して鳥取にやって来た事があった。 
[Middle of the shadow ~亡き友へ捧ぐ~]の続きを読む

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ



  1. 2006/05/18(木)|
  2. 歌詞・歌・弾語り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

な・・なんじゃ!?

       三和町
 
この間・・・ゴールデンウイークの事だ。俺は京都府の福知山市三和町にいた。嫁の実家だ。この度、福知山市と合併となったこの地だが・・・市街地からは車で2,30分ほど離れていて、山、川、のどかな田園風景が広がる。久々の休暇らしい休暇に俺も何となくのどかな気持になり、家族3人で散歩に出かけた。

 上の写真は、その途中で見かけた景色。花の名前は知らない。誰か教えておくれませ・・・。

雲ひとつなく晴れ渡った空に、新緑がキラキラと輝いて・・・

んー・・・空気がうまい!

       新緑


ところで・・・この記事のタイトル「な・・なんじゃ!?」

いったいどうした?・・・という訳で・・それについて少し・・

実はこの日の午後、「ちょっと、そこまで・・」ということで車に乗り込みひとっ走り。人里を離れた辺りにさしかかった時、俺が見たものは・・・!
       何、何!

「あの鳥・・何・・!?」

思わず車を止め、カメラを取り出した。

「く・・・孔雀!?」

なんと・・孔雀が道路を横断していた!思わず車を降りて駆け寄った。奴は逃げようともせず、威風堂々とその姿を誇示していた。エメラルドグリーンに輝く尾羽、青く玉虫色に輝く首・・・

「メッチャきれい・・!」
「カッコええー!」
       孔雀

尾羽を広げてくれはしないかとしばらくカメラを構えて待ってみたが・・・奴は我らを横目に茂みの中へと歩き去って行った。メスがいないと広げないらしい。

「メスがいたら、カッコつけるんか?」

野生?なはずないよなー。孔雀は日本にはいないはず・・・。この辺りに動物園はない。誰かが・・飼ってるのか?人を見ても逃げないところを見ると・・・そうかも知れない。

何でもこの何日か前に、この地方の新聞に孔雀が逃げただのという記事があったらしい。

「そしたら・・多分、こいつがそれや。」

ということで、一応決着を見た。

それにしても・・・そばで見る孔雀はすごい!
素晴らしくきれいな鳥だ・・・。
そして、予想以上にでかい!

いいなあ・・孔雀・・・。
       お花さん

テーマ:日記 - ジャンル:日記



  1. 2006/05/17(水)|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

たまには気楽に・・

       さくらんぼ

最近、他人のブログを見ていて思ったことは・・・

 力を抜いた何とも自然体なブログが多いという事。それに比べて俺のは、実に力が入りすぎている。キーボードを叩いていても肩がこる。

 なんて事を言いながら、すでにこのような口調で書き進めている辺り、これも性格と諦めるしかなかろう・・・。 

 とはいえ、話すときまでこのような口調ではない。というより、どちらかといえばこういう口調に少し憧れを抱いているという感じ。だからここでその憧れを形にしている。という事はつまり、普段話すときはこれと正反対ということ・・・。ついでに言うと、あまり人と話す方ではない。

おっと・・何だかんだと、もうこんなところまで書き進めてしまった・・・

本当は今日は、もっと簡単に済ませる予定だったのだが・・・


あっ・・  上の写真・・・

仕事場の近くで見つけたさくらんぼ・・・
赤い実がツルツル、ピカピカときれいだったので、思わず接写!

塀の外にまで生っていたので、この後ひとつ摘んで食ってみた。

「うまーい・・・(^~^)」

「もう1個・・・」

手を伸ばしながら・・・
ふと振り向くと、母親に手を引かれた幼稚園児がてくてく・・・

「おかあさん。 おっちゃん かってにたべたはるー!」
「しーっ。見たらアカン!・・」

俺:「・・・・」(お…おっちゃん?・・・・何で見たらアカンの?)
作業服姿で、つっ立ったまま・・口にさくらんぼの軸をくわえ・・

園児にニッコリ微笑んでみたが、逆に睨みつけられた。

「そないに、睨むなや・・・」
聞こえないように、そっと呟いておいた。

ふー・・。ま、色々あるわい・・・。

おひとつ、いかが?

テーマ:日記 - ジャンル:日記



  1. 2006/05/16(火)|
  2. その他雑話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2006/5/13 スタジオ

       Silver Wings

 新曲に手をつけ初めて3度目のスタジオ。ゴールデンウイークが絡んだ関係で、3週間ぶりにメンバーと顔を合わした。
[2006/5/13 スタジオ]の続きを読む

テーマ:バンド - ジャンル:音楽



  1. 2006/05/15(月)|
  2. スタジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛着のフレーズ

       Silver Wings

 この間、何気にPanna Clubの名で結成した当時から現在に至るまでのスタジオ音源・ライブ音源を整理がてら聴いていた。現在とはややトーンの高い自分の声と、かつてのバンドを支えたメンバーの音を聴いていて、ふと思ったことがあった。それはSilver Wingsとなった現在でもレパートリーに加えている曲たちを聞いていた時の事だ。 
[愛着のフレーズ]の続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:音楽



  1. 2006/05/13(土)|
  2. その他雑話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベーシスト・ヒカル

       Silver Wings

 はたして、この事に気づいている者がどれ程いるのか・・・。少し注意して見ればすぐに気づくような、表向きはそんな些細な事だ。
 ひょっとすると口にしないだけで、本当は皆気づいているのかもしれない。
[ベーシスト・ヒカル]の続きを読む

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽



  1. 2006/05/10(水)|
  2. 外伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ThunderBird... Eyes in the Sky...

       thunderbird

 この間、再起不能となった相棒のシャープペンシルをもう一度復活させるべく、引出しを開けた時のことだ。ふいに以前ブログ内の記事「ターコイズ」(携帯用)で紹介したジッポライターが目に付いた。タバコを吸っていた頃は、ずいぶんと世話になった。俺が相棒と呼ぶいくつかのアイテムの中の一つだ。そういえば随分と長い間触っていなかった。おもむろにそれを手にし、革のケースから取り出した。表面は黒く酸化し、ザラザラしていた。本体のカドの部分・・摩擦によってメッキの剥がれた部分は地金の真鍮が酸化して青い錆が出ていた。あまりにも無残な姿に少しショックを受け、早速磨いてみる事にした。
[ThunderBird... Eyes in the Sky...]の続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記



  1. 2006/05/08(月)|
  2. 相棒達(愛用品)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

好きな音楽って?

       Silver Wings

 好きな音楽は何?・・・何系の音楽が好き?・・・聞かれて困る質問の一つだ。昔から、それなりにいろんな音楽を耳にしていたこともあって、今特にこんな音楽が好きだといったものがない。気に入った楽曲はあるが、それらに統一性がない。和洋問わず。ロック、ポップス問わず。ブラコン系上等。歌える曲から、インスト・・・バンドやオーケストラ、ピアノ曲に至るまで、だいたい何でも聴く。それぞれのジャンルやスタイルで好きな楽曲があればそうでないものもある。だからいつもきちんとした返事を返すことが出来ない。
 「いろいろやなー。だいたいどんなんでも好き・・」
 といった、いかにもやる気のない返事しか返せない。別にやる気がないわけでも、まして答えるのが嫌なわけでもない。本当に答えられないのだ。昔ならば・・・高校時分ならば、まだ答えられた。いろいろ聴く中でも偏りがあったからだ。アルバムを買ったり、レンタル屋で借りてくるようなアーティストを答えればよかった。ちなみに当時で言えば、オフコースやハウンド・ドッグ、サザン・オールスターズ、スターダスト・レビュー、浜田省吾、長渕剛など・・・これも挙げれば案外キリがないが・・その辺りをよく聴いていた。
 ん?中学時代?中学時代は俺がギターを手にするまでは、妹がピアノを習っていた影響もあり、クラシックを聴くことが多かった。ぜんぜん詳しくはないのだが・・・。
[好きな音楽って?]の続きを読む

テーマ:懐かしい音楽 - ジャンル:音楽



  1. 2006/05/06(土)|
  2. その他雑話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お帰り、相棒!

 この間、再起不能となった我が相棒が何と見事に復帰した!
     関連記事:さらば、相棒・・・
     携帯用は:こちらから

 あれから、一旦は引出しの中にしまい込んだものの、どうしても納得がいかなかった。「ホンマにもう使われへんのかいな?」どう考えても納得がいかない。突如として使えなくなるとは・・・。直前まで元気だったのに・・・。普通に芯は出るのに、書き始めると引っ込んでしまう。どう考えても掃除すれば直りそうな症状だ。だが、直らなかった。掃除の仕方が甘かったのかもしれない。芯を掴む部分に汚れがこびり付いて簡単に取れなくなっているのかもしれない。そう思った俺は、パソコン用のダストブロワー(スプレー缶に空気が入っていて、ノズルからの空気圧で隙間のホコリを吹き飛ばすやつ ELECOM製)を800円で購入し、相棒には申し訳ないが再度バラバラに解体した後、芯の通り道をあらゆる角度から掃除してやった。そして、物はついでとばかりに、家にあったCRC KURE5-56なる防錆・潤滑剤をすべての可動部分に吹き付けてやった。丁寧に拭取った後、再度相棒を組立て直し、芯を装填・・・・いざ! 

ノチノチノチノチノチ・・・カチカチカチカチカチカチ・・・・・・

 「んー・・・逆にあかんか・・?出ても来んようになった。」
 そう呟いた瞬間。先のほうから、潤滑剤の拭き残しが・・・その後、いとしの芯が出てきた。
 「よっしゃよっしゃ!書いてみよ。」
 近くにあった新聞紙にグルグルと円を書いてみた・・・。んー!書ける!
 「ぉお!直った!」
 しかも、不調を訴える直前よりも明らかに動きがスムーズだ。
 「直った!」
 深夜に一人。何となく浮かれた気分になり、ついつい飲みすぎてしまったことは言うまでもない。

 こうして相棒は、今俺の胸ポケットにいる。

テーマ:日記 - ジャンル:日記



  1. 2006/05/05(金)|
  2. 相棒達(愛用品)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ALL TITLES

全ての記事を表示

Counter

ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数

Profile

Jun@SilverWings

Author:Jun@SilverWings
京都祇園Live Cafe&Bar
SILVER WINGS

の店長をしています。

空が好きです。ブログパーツ

NEW Entry & Comments

Twitter

 

Calender

04 ≪│2006/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Gremz

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

Sponsor Link

Category

Mail to Jun

メールフォームへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR code

Silver Wings Diary を携帯で!

QRコード

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Links

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。