Silver Wings Diary

詩や詞、音楽、写真や日記、日々の想いから能書き等々…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

詩に曲をつける

Silver Wings


 詩に曲をつける。曲のつく詩とは・・・?
 今日は長いよ・・・^^;
 興味ある人は読んでみて下さい。

 このブログを始めてから、久遠さんと出会い、初めて詩というものに曲をつけた。それまで歌詞として書かれた詞に曲をつけた事はあったが詩につけた事はなかった。まして、3~5行という短い詩にメロディをつけるというのは初めて。一般にテレビやラジオで歌われている歌と違い、短いフレーズと構成の中でメロディを展開させなければならない。言うまでもないが、俺は素人で、「作曲力」というものがあるならば俺の場合たかが知れてるので、偉そうに曲をつけるなんて言ってもどんな詩でもつけられるわけではない。まして人の書いた詩ならなおの事だ。その中でなぜ久遠さんの詩に「曲が付く」と直感的に思ったのか・・・。曲のつく詩とはどんなものか・・。以前から曲をつける中で感じていた事を書こうと思う。

 短い詩に曲をつける際、参考にしたのは童謡。童謡は歌詞が短く、その短い構成の中でメロディを展開し完結させている。逆にテレビやラジオで流れるポップスやロックなどの多くの曲は、Aメロ、Bメロ、サビといった構成が多い。だが短い詩にこのパターンで曲はつけられない。それこそAメロだけで終わってしまったり、サビだけで終わってしまったりしてしまう。短い曲の場合は、A,B,サビの要素を持ったメロディーを速い展開で詰め込まなければいけない。そういう意味で短い曲を作る際、童謡というのは非常に参考になるのだ。

 たとえば、誰もがよく知る童謡。。。

『赤とんぼ』
夕やけこやけの 赤とんぼ
追われてみたのは いつの日か

以下略


『朧月夜』

菜の花ばたけに 入日うすれ
見わたす山の端 霞ふかし
春風そよふく 空を見れば
夕月かかりて におい淡し

以下略


『富士の山』

あたまを雲の 上に出し
四方の山を 見おろして
かみなりさまを 下にきく
富士は日本一の山

以下略


『ふるさと』

うさぎ追いし かの山
小ぶな釣りし かの川
夢は今も めぐりて
忘れがたき ふるさと

以下略


『雨ふり』

雨、雨ふれふれ かあさんが
じゃのめでおむかい うれしいな
ピッチピッチチャップチャップ ランランラン

以下略



 これはほんの一部だが、だいたいどれも同じような短い歌だ。ここで、もう気付いた人もいるかもしれない。どの歌も詞を読むと心地よいリズムを持っている。そしてさらに、上であげたものに関して言うならば、みな共通のメロディに乗せて歌えなくもない。もちろん歌の長短があるので100%歌うことは出来ないが・・・。例えば、赤とんぼのメロディーで、最初2行だけならどの歌も歌う事が出来る。ただし、字数の合わないものは、音を伸ばしたり増やしたりといった調整が多少必要になるが・・・。それぞれ他のメロディーでも試してもらいたい。すべて上手くは行かなくとも、自分なりのメロディー感覚で何となく歌になると思う。

 これは童謡に限らずだが、メロディー展開の中で、流れる音の数というのはだいたい限られている。意図的にそれを狙う場合は別として、ある節だけ極端に多かったり、極端に少なかったりすると非常にメロディがつきにくい。

 たとえば、上の赤とんぼの詞がもしも・・・


夕やけこやけの 赤とんぼ
ふたり見たよね



だったとしたら・・・。メロディー的に非常にバランスが悪い。でも詩としてはおかしくない。すなわち、詩としては成り立っても詞としては成り立ちにくいという事。『音の数=文字の数=詞の長さ』なので、音の数は詞の長さと密接な関係がある。だから、全体にバランスの取れた詩(あくまでメロディーをつける上でのバランス)には、メロディーをつけやすい。例えば、上の「赤とんぼ(もどき)」の詩の文字数を整えてみる・・・。


夕やけこやけの 赤とんぼ
ふたりで見たよね 赤とんぼ




 こうすると、同じ内容の詩でも歌詞となる。

 ここで今までに曲をつけた、久遠さんの詩を一部見てみたい。


『かざはなまう』

まうまうかざばな 風のはな
ひろがるお空は あわいみず
やさしいひかりに おくられる

以下略


『光り舞う』

歌うようたう さざなみから
紅のお花が このほほに
そっと触れて 透しゆく

以下略


『天が紅(あまがべに)』

舞いゆく夕風 天が紅
ひろがる空の よろこびに
光りゆれいる ふたりにも

以下略




 読んだリズム。各行のバランス。まさに最初に挙げた童謡の歌詞にも通じるものがある。童謡を聴いて懐かしさを感じ、そのメロディに癒しを感じる我々の心。その奥に沁みこんだ言葉のリズム。リズムという点では短歌や俳句とて同じ。広告文やスローガンもそう。もっと言えば、仏教のお経だってそうなのだ。・・・ただし・・発祥は日本ではないが・・・。こうして古より受け継がれた言葉のリズム。久遠さんの詩に癒しや安らぎを感じるのは、言葉や表現に加え、そういったリズムの要素が大いにあると思う。そのリズムに安心感を覚えている部分もあると思うのだ。そしてこういった要素を持った詩は俺と出会う以前の久遠さんの詩にも多く見られる。すなわち、過去の詩にも曲のつく要素はあるという事。久遠さんは、意識外で自然にそういう詩を書いていたという事だ。

 ここでリズム、リズム、と連呼してしまったが、曲をつける上でこの「詩を読んだときのリズム」というのは実は必ずしも必要な条件ではない。曲をつけるに必要なのはあくまで各行の文字数。そしてそのバランス。読んだリズムが悪くても、文字数がそこそこそろっていればバランスよく音はつけられる。始めにリズムを強調したのは、リズムをそろえることによって文字数と言葉のバランスが自ずとそろって来るからだ。実際のところ、俺の場合で言えば「各行の平均文字数±2割程度」のバラつきならば、曲はついている。もちろん構成上狙って音を詰め込んだり、減らしたりという事はするが・・・。ここで紹介したような詩の書き方であれば、1行あたり4小節を基本としている。4拍で4小節の場合ならば、4×4=16文字前後であれば、ゆったりとした曲となる。逆にこれより多ければ多いほど音の数が増え、小節内の隙間を埋めていく事になる。もちろんテンポを落とせば、ある程度ゆったりと聴かせる事は可能だ。そういう視点でポップスやロックetc...などを見ると、1小節に対し8拍や16拍といったリズムが主流なので、歌詞を詰め込んだ曲であれば、例えば1行に対し32文字以上の文字数を持った詞となる。もはや言葉のリズム云々を言っている場合ではない。文章をあてはめても良いほどだ。それから考えれば、始めに紹介した童謡の歌詞の何と詩的なことか。余談だが、それゆえここで久遠さんとのコラボを紹介する際、「作詞:文月 久遠」とせず、「作詩:文月 久遠」としていたのだ。これはあくまで俺の個人的な区別だが・・・。

 結論として、俺が久遠さんの詩を読んで、曲がつきそうだと直感的に思ったのは、おそらく自分の中にある歌詞としての言葉のリズムがそれを感じたのではないか・・・。そう思っている。そして例外は必ずあるとしても、言葉のリズム(必要条件ではない)、文字数、各行の言葉のバランス、それらが満たされればどんな詩でも曲がつくという事。ただし、これは童謡のような短い曲について当てはまることで、ポップスやロックetc・・となると、さらに条件が加わる。そして逆に言葉のリズムという点では、先にも言った通りほとんど当てはまらない。あと曲をつけるために必要となる条件としては、曲をつける側が、その詩に感じ入り、曲をつけたいという強い思いを持つかどうか。そしてその詩に音をつけ、自分が惚れ込める曲が出来るかどうか。その曲が詩を生かしているかどうか。さらにその曲が作詩者の納得を十分に得るものであるかどうか。・・・まあ・・・あくまで当事者同士の判断に委ねられるが・・・。でもこれが一番大事かもしれない。そしてそれらがすべて揃ったとき、コラボによる歌が完成すると思っている。

 久遠さんとの出会いは、まさにこれらのいろいろな条件が偶然に満たされ重なったもの。運命とも言うべきものだった。



 以上が、久遠さんの詩に曲をつけながら最初は何となく・・・そして徐々に強く^^ 俺が感じた事だ。何たってこれでも理系出身ですから・・・思わず分析&論文チックになるのは、仕方ない。ゆるされよ。

・・・というか・・・それは理系に限らんとな?
まあ、そりゃそうだ( ̄▽ ̄;)
しかも、内容はむしろ文系だとさ・・・。


・・・で?・・・・・
・・・ん?・・・・・
ぬゎにぃ~!?(何?)
こんな事、今さら論ぜずとも知ってただとぉ~!?(▽o▽;)


まあ、しかしあれだ・・・。
詩を書くにしても曲や歌作るにしても・・・
こんな事までいちいち考えんわなぁ・・・(・_・;)
要は楽しければそれで・・・

A氏:『お前・・・それを言っちゃ・・何もならん・・!』(←ん?誰?)


Silver Wings オリジナル携帯待受け画像リンク
 No.1 No.2 No.3

うまく表示されない場合はこちら
 No.1 No.2 No.3
ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加しています→

ホームページはこちら
      Silver Wings Web Site 
スポンサーサイト

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽



  1. 2006/11/30(木)|
  2. 作曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

メロディ・オブ 「Fly to the Sky...」

       Fly to the Sky...

 先日、「Fly to the Sky...」のメロディが完成した。完成とは言っても俺の中では9割方・・・。後の1割は、今後マイナーチェンジの可能性があるという事。

 とりあえず完成したメロディを客観的に判断するため、弾語りで自宅録音・・・。早速聴いてみた。んー・・・。思ったとおりワンコーラス目とツーコーラス目のメロディにバラつきが・・・。同じメロディには同じ文字数(±2程度まで)の言葉を用いるが、単純に歌詞の流れに乗せてメロディを付けてしまうと文節や言い回しによって、若干譜割りが変わってしまう。それらを調整しなければいけない。基本的にワンコーラス目もツーコーラス目も各所同じメロディでなければならない。大概は文字数の多い部分は音を詰め込んだり、譜割を微妙に変えてみたりするのが俺の常だ。どうしても文字数の関係で変えられなければ、強制的にその部分に違うメロディを当てはめるという方法もあるが・・・。今回はどうやらその必要はなさそうだ。

 とりあえず、またまた仮の調整をおこない再度録音。・・・ん!今度は大丈夫!さて、こうなるとついつい誰かに聴かせたくなるのが人情というもの。だがいけない!万が一人に聴かせて「おお!良いやん。」なんて言われてみろ。すっかりその気で満足してしまって、この歌はこれ以上発展しなくなってしまう。俺の悪い癖だ。

 だが、どうしても聴かせたい!反応を見たい!しばしの葛藤の末、俺が選んだのは・・・5歳になる息子( ̄▽ ̄)


【ちょっとだけ お父さんの歌聴く?】

うん、きく!ボウケンジャーのうた うたってー。

【それは後でな。先にこの歌聴いて。】

てなわけで、弾語り音源を流してみた。
レゴで遊びながら・・・おいおい・・・こいつ聴いてんのか?
そう思わずにはいられなかった。

【ちゃんと聴いてるんか?】

うん、きいてる

【かっこいい?】

さいゆうきの うたのほうが かっこいいけどなー

【お父さんのも、かっこ良いんやで】

でもこれ さっき うたってた やつやんか!

【そうや。かっこいいやろ?】

なんでここから きこえるん? おとうさん うたってないのに・・・

【・・・】

なあ、なんで?


録音という「出来事」に興味津々。ついさっきの俺の声がスピーカーから聴こえるのがとっても不思議なようで、歌には全く興味がないらしい。しまった。こいつは分かってない!失敗した!(←当り前だ)
まあ、いい。俺が良いと思うのだから・・・。良さが分からない奴は聴かなくてもいい!
自分に言い聞かせる俺であった。


 何はともあれ、メロディはほぼ完成した。後は何度も聴きながら細部を微調整していくのみだ。

 我らSilver Wingsがこの曲に着手するのは、7月23日の都雅都雅ライブ後になる予定だ。本音を言えば6月25日のMUSE後に触りだけでも着手したいが・・・まあ、これはメンバーとの相談が必要だ。

 秋ごろには、お届けできるか・・・?

ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加しています→


Silver Wings Web Site

  1. 2006/06/14(水)|
  2. 作曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

せっせと曲作り

       My Guitar

 昨日、ギターを弾きながら「Fly to the Sky...」のメロディを考えていた。

 やはり、題名と歌詞からして空の感じを前面に出した広がりのある曲にしたい。広がりを表現するために重要な要素となるのは・・・メロディももちろんだが、ここはコード(和音)進行を最重視したい。こういった曲は先にこれを決めることが多い。そしてそれにメロディを乗せていく。特にコード進行は曲の雰囲気を決める重要な要素。陰陽は特にこれで決まる。広がりを持たせるには・・・単純な方がいい。この曲は特に空を表現したい。コードを複雑にするとなかなか広がりのある雰囲気は出せない。したがって、こういう場合、誰もが知ってる基本的なコードを使う。というか俺の曲は大概、基本的なコードしか使っていないが・・・。この場合はしかもメジャーコードを多用したい。例えば代表的なのは「ド・ミ・ソ」コードネームで言えば「C」。広がりを持たせるには、コードが目まぐるしく変わるような曲は頂けない。ゆったりとコードが進行する曲。特にサビ以外の部分。サビは別。ここは逆に盛り上げたい。歌詞においても、サビはポジティブな部分。前記事ではないが、まさに空に向かって・・「大」の字。だからそれ以外は、ゆったりと・・・サビとの区別を明確にしたい。

 こういった方向性だけ決めて、いろいろなコードをひたすら弾きまくる。当然そこに、簡単な仮のメロディを乗せながら・・・目当ての雰囲気を模索する。この時の仮メロディが、後々重要な役割を担うことが多い。つまり、メロディの骨格となるという事。これに音を加えたり省いたり、譜割を変えたりしてメロディを整えていく・・。お!話が逸れた。んー・・コード進行・・・。こうして昨日、コード進行と骨格メロディは完成した。次なる段階は、メロディを整える作業。歌詞の文字数という縛りの中でいかに聞きやすく、キャッチーな、そして目的の雰囲気を表現できるか・・・。ここからが時間を要する。場合によっては歌詞の言いまわしやフレーズ等の変更も覚悟せねばならない。今回は極力そういうことにならないよう、じっくりと時間を掛けて取組むつもりだ。

ん?・・・何か・・・わけの分からん話?
俺も分からん・・
ブログランキング・にほんブログ村へ←ブログランキングに参加しています。→


Silver Wings Web Site

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽



  1. 2006/06/05(月)|
  2. 作曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ALL TITLES

全ての記事を表示

Counter

ご訪問ありがとうございます


現在の閲覧者数

Profile

Jun@SilverWings

Author:Jun@SilverWings
京都祇園Live Cafe&Bar
SILVER WINGS

の店長をしています。

空が好きです。ブログパーツ

NEW Entry & Comments

Twitter

 

Calender

09 ≪│2017/10│≫ 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Gremz

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

Sponsor Link

Category

Mail to Jun

メールフォームへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR code

Silver Wings Diary を携帯で!

QRコード

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Links

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。